IKARI 株式会社イカリステリフアーム

Service

事業紹介

殺菌・除染サービス

CH3COOOH

過酢酸系除菌剤による
殺菌・除染方法

過酢酸系除菌剤は、ホルムアルデヒド代替法として、近年注目されている殺菌・除染法です。国内でも第17改正日本薬局方に、ホルムアルデヒド・過酸化水素に次いで、除染剤として明記されました。芽胞形成菌を含む細菌や真菌、ウイルスにも有効で、室内除染での耐性菌報告はありません。また、安全性の高さから、施工後はエアレーションのみで入室が可能で、作業時間を大きく短縮することが可能です。

弊社では、過酢酸系除菌剤として、ミンケア®・アクトリル®を採用しています。それぞれEPA(米国環境保護局)認定かつCEマークを取得しており、世界基準の高い安全性と非残留性、除染効果が得られます。

〈施工方法〉

・噴霧殺菌・除染(専用の機器を使用し、気相中に 10μm程度の粒子として噴霧するドライフォグ法)
・清拭・・・天井・壁・床・設備の清拭による殺菌・除染
・浸漬・・・設備・器材・配管の浸漬による殺菌・除染(CIP洗浄にも対応)

ドライフォグ法においては、殺菌・除染の効果判定には BI(バイオロジカルインジケーター/ log6の芽胞菌)を用い、施工後の菌の発育がないことを確認致します。
落下菌検査、付着菌検査等もご要望に応じて実施可能です。

特徴

  • 高い除菌効果
  • 芽胞菌、ウイルスにも有効
  • ホルムアルデヒドと同等以上の効果
  • 耐性菌報告なし
  • 高い安全性(使用濃度での安全性は他の除染剤より圧倒的に高い)
  • 作業時間短縮
  • 使用後は短時間で入室可能
  • 残留毒性なし

※腐食性があるため使用には注意が必要

施工の流れ例

作業スケジュール例
  • 9:00

    養生、機器・BI配置

    3時間

  • 13:00

    噴霧開始

    1〜2時間

    噴霧終了・ホールド

    1〜2時間

    エアレーション(空調)再開

    1時間

  • 18:00

    養生・機器・BI撤去

※作業スケジュールはドライフォグ器の台数、養生の度合により異なります。
※新施設実施時にはウォーターバリデーションを行います。

機材イメージ

・専用の機器を使用する(正しい効果を得るためには、適切な装置の使用が求められる)
・温湿度や空気の流れの管理が重要

最新の除染法も導入済み

過酢酸サイクル
除染®システム
小型過酢酸サイクル
除染装置
【サイクル除染法とは】

自動制御で薬剤ガスの発生と回収のサイクルを最適化して繰り返すことで、
除染時間全般に行き渡り、除染対象空間を常にラジカルリッチの状態に保ちます。
これにより低湿度・低加湿での除染が可能となります。

実績

・第十七改正日本薬局方に除染剤として明記
・国内の需要は右肩上がり

ミンケア・アクトリル

・EPA(米国環境保護局)認定品
・CE マーク取得

導入実績

医薬品・医療機器製造、再生医療 CPC・CPF、化粧品製造、食品工場、医療機関、 精密機器開発・製造、研究施設、施設立ち上げ時の殺菌、実験動物施設、他

導入例

噴霧殺菌、壁、床、器材、配管、RO 膜の殺菌、クリーンルームの製造ラインや金型の殺菌

※他の除染法に比べ、新規お問い合わせが年々増加しています。