IKARI 株式会社イカリステリフアーム

Service

事業紹介

殺菌・除染サービス

H2O2

過酸化水素による
殺菌・除染方法

過酸化水素は、米国や欧州では、ホルムアルデヒドが使用不可となった際に多くの施設で導入されました。国内でも複数のメーカーが参入している、ホルムアルデヒド代替法の代表的な殺菌・除染法です。

過酸化水素は芽胞形成菌を含む細菌、真菌、ウイルスにも有効とされており、アイソレーターやRABS内に組み込まれた製品などがあります。高い殺菌・除染効果が期待される一方、設備への影響や極わずかな残留性が、細胞培養に影響を及ぼすなどの懸念が指摘されています。

〈施工方法〉

・噴霧殺菌・除染(専用機器によるDRY法)

殺菌・除染効果判定にはCI(ケミカルインジケーター)による濃度確認と、BI(バイオロジカルインジケーター/ log6の芽胞菌)の発育がないことを確認致します。

特徴

  • 高い除菌効果
  • 芽胞菌、ウイルスにも有効
  • ホルムアルデヒドと同等以上の効果
  • 作業時間短縮
  • 耐性菌報告なし
  • 高い安全性
  • 作業時間短縮

※腐食性(特に火膨れ)があるため使用には十分な注意が必要

施工の流れ例

作業スケジュール例
  • 9:00

    養生、機器・BI配置

    4時間

  • 13:00

    噴霧開始

    2時間

  • 15:00

    噴霧終了・ホールド

    1時間

  • 16:00

    分解・エアレーション

    3〜9時間

  • 翌9:00

  • 10:00

    養生・機器・BI撤去

※作業スケジュールは作業内容や機器の台数、養生の度合により異なります。

機材イメージ

画像準備中

・専用の機器を使用する
・施工前の温湿度や空気の流れの条件設定が重要
・腐食性、特に火膨れに対して、対象物への影響を事前に調査することが重要

実績

・第十七改正日本薬局方に除染剤として明記

導入実績

医薬品・医療機器製造、研究施設、他

導入例

室内殺菌