IKARI 株式会社イカリステリフアーム

Service

事業紹介

殺菌・除染サービス

CH2O

ホルムアルデヒドによる
殺菌・除染方法

ホルムアルデヒドガスは、確立された殺菌・除染法として、数十年もの間、幅広い分野で適用されてきました。バイオハザード施設や安全キャビネットなどでは、過去の実績に基づき現在も採用されるケースがあります。

近年、ホルムアルデヒドの発がん性が報告され、作業者や環境への負荷に対する懸念から、海外では使用が禁止される国が増え、国内でも代替法への切替が進んでいます。弊社でも代替法への切り替えを推奨しており、多数のお客様で切り替えの導入実績があります。

殺菌・除染の効果判定には温湿度計、濃度計による除染条件達成の確認、CI(ケミカルインジケーター)による濃度確認、BI(バイオロジカルインジケーター/log6の芽胞菌)の発育がないことを確認致します。

特徴

  • 高い除菌効果
  • 芽胞菌、ウイルスにも有効
  • 過去数十年間主流の殺菌・除染法
  • 主にバイオハザード施設、安全キャビネットの除染に使用
  • 代替法への切替が進んでいる

※発がん性:IARC(WHO)グループ1指定

施工の流れ例

作業スケジュール例
  • 9:00

    養生、機器・BI配置

    4時間

  • 13:00

    ガス発生~ホールド

    11時間

  • 24:00

    分解処理

    時間

  • 翌9:00

    中和

  • 11:00

    養生・機器・BI撤去

※作業スケジュールは作業内容や機器の台数、養生の度合により異なります。

機材イメージ

・浸透性が高いため、気密養生が重要となる

実績

・第十七改正日本薬局方に除染剤として明記

導入実績

公的研究機関、研究施設、地方衛生研究所、臨床検査室(安全キャビネット)、実験動物施設、他